ファイナンシャルプランナーの立場を踏まえた顧客のリテラシーの捉え方

投資の必要性を求められて、非課税制度を利用した投資の仕組みを提供されても、投資を行ったことがない人は、具体的に何をしてよいか分からない。現在の日本では、そんな状況である。いまだに確実な貯蓄志向が強く、長く続いたデフレにより投資の利得を実感していない人や、怖さを知った人の多くは、資産形成のための投資から離れたところにいる。自らが、将来への備えを考えなければならない時代になったからといって、「資産形成のための非課税対応品をいろいろ用意したから使ってくれ」といわれでも、投資を遠ざけていた人には、何をどうしたらいいのか分からない。定年を意識し始める頃になって、突然、会社が確定拠出年金制度を導入したということも多く聞かれる。今まで会社が運用していた年金の一部を、ある時期から「自己責任で運用しなさい」と言われでも一般個人では大変である。

こういったなかで、個人の金融リテラシ一向上の必要性が謳われている。資産形成を、自己責任でするのだから、投資について多くを学び、知る必要がある。が、いきなり自らの力だけで、すんなりと力が付くものではない。例えば、自動車を運転するには、自動車教習所があるが、投資の場合には教習所はなく、ファイナンシャルプランナーなど、投資アドバイスを行う立場にある人に頼らざるを得ない。投資リスクの顕在化を人生設計に影響しないよう抑えること。など、今後ファイナンシャルプランナーたちの役割は重要になってくるだろう。

投資の知識や経験が少ない人にとって、想定外のことが起こることを考え、リスクに備え、想定外のリスクを想定内のリスクにすることなど、突然やってくる危険への備え、対策をしてあげるのもFPの大切な役割ではないだろうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です