「リポ払い」は安全?

最近はテレビCMやインターネットなどでリボ払いを勧めるクレジット会社が増えています。
これまでリボ払いでない通常のクレジット払いをしている人にも、リボへの変更を勧めています。
このリボとは何でしょうか?
リボはリボルピングの略で回転するということです。
CMなどではリボ払いの利便性を強調していますが、一言でいえば、毎月の返済額が一定になるということです。
たしかに、毎月2万円というように一定額の返済であれば、ショッピングや利用頻度の増減によって返済額が変わる通常の返済方式に比べ、家計管理が容易になります。
つい買い物をしすぎた際に、家計への圧迫も少なく済みますので、他の支出にも影響が少なくなるメリットがあると言えるでしょう。
このように支払いを翌月、翌々月へと回していくことになるので、リボルピング(回転信用)と呼ばれます。
しかし、当たり前ですが、カード利用を増やせば、一定額の返済ゆえに、返済期間が次第に伸びていくことになります。
返済期間が延びていけば、その分手数料(利息)負担は増えるわけで、実は、この方法はクレジット会社にとって旨味の多い支払方法なのです。
ですから、消費者に利用を勧めるわけです。
また、通常の分割払いと違い、商品ごとに返済期間が確定しているわけではなく、残高から一定額ずつ返済していく形になりますので、いろいろな買い物を重ねていくと、最終的な手数料負担を見通しにくくなるデメリットもあり、結果的に思わぬ高額の手数料に膨らんでしまうこともあります。
このように、リボ払いは非常に特徴的な性質があるため、こうしたメリット、デメリットを天秤にかけた上で利用判断をする必要のある、注意すべき点の多い支払方法なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です